NEWS & RACES

2020.03.12

NTT INDYCAR SERIE 2020、いよいよセント・ピーターズバーグ 開幕戦!

~アレックス・パロウの夢が実現~

 

デイル・コイン・レーシング・ウィズ・チームゴウ(Dale Coyne Racing with Team Goh)のルーキー、アレックス・パロウは、いよいよ今週末に長年の夢を叶え、フロリダ州セント・ピーターズバーグで開催されるエヌティーティー・インディカー・シリーズ(NTT INDYCAR SERIES)の2020年開幕戦、ファイアストン・グランプリ・オブ・セントピーターズバーグ(Firestone Grand Prix of St. Petersburg)に挑みます。

 

パロウはシングルシーターでキャリアをスタートした時から、いつかインディカー・シリーズで走るというビジョンを持っていました。それから6年が経ち、今まさに、その22才のスペイン人ドライバーは、このセント・ピーターズバーグで開催される14のコーナーを含む1.8マイルの市街地コースでシリーズデビューを果たそうとしています。

 

◆アレックス・パロウのコメント

「正直、こんなにドキドキして開幕戦を迎えるのは初めてだよ。以前から話しているとおり、インディカー・シリーズで走るのは僕の夢だった。今週末、いよいよその夢が叶うんだ。」

「準備はできている。エアロスクリーンをテストする時間が限られていたのが残念だけど、開幕戦に向けての条件は皆同じだから。」

「このセントピーターズバーグのコースを走るのが待ちきれないね。開幕戦として良いコースだと思うし、金曜午前中の最初のプラクティスがとても楽しみだよ。」

 

パロウにとってこのセントピーターズバーグは初めてのコースとなりますが、過去、市街地コースでは、ドイツのノリスリンク、フランスのポー、そしてマカオを経験しています。

 

100周回となるこの開幕戦は、現地時間15日(日)午後3時30分にスタートしますが、日本では、日本時間16日(月)午前4時からGAORAで生中継されます。

2020.02.16

アレックス・パロウ、インディカーで初のオーバルテスト走行

~2020年インデイ・ルーキーイヤーに向けてさらに自信を深める~

 

デイル・コイン・レーシング・ウィズ・チームゴウ(Dale Coyne Racing with Team Goh)は、COTAでの合同テストに引き続き、2月14日(金)、テキサス・モーター・スピードウェイでプライベートテストを実施、2020年のルーキードライバー、アレックス・パロウはインディカーで初のオーバル走行に臨みました。テストは順調に進み、パロウは興奮を楽しむ余裕をみせつつ125周回をこなしました。



・アレックス・パロウのコメント
「凄いの一言に尽きるね!想像以上に凄くて興奮した!それに楽しかった!」

 

「とにかく全てがクイックだから、最初はバンクとスピードにとても気をつかって、徐々にならしていったんだ。車のセッティングを改善する小さいポイントをひとつずつ拾って、ライン取りにも注力していった。ゆっくりとテストを進めていくうちに、僕もニュータイヤを履いて、自信を持ってコースに出て行けるようになったよ。」

 

「このコースでレースが開催される夏はもっと暑いし、コース上には他の車もたくさんいるから条件は全然違うけど、今日のテストは、初走行としては完璧だったと思うよ。」

 

「僕は思っていた以上にオーバル走行が大好きになったし、レースが待ちきれない気持ちでいっぱいだね。今年オーバルレースに挑戦できることに、とってもわくわくしているよ。」

2020.02.14

NTT INDYCAR SERIES 2020 初の公式テスト開催

~アレックス・パロウは25台27名中、9番手のベストラップタイムを記録~

デイル・コイン・レーシング・ウィズ・チームゴウ(Dale Coyne Racing with Team Goh)のルーキードライバー、アレックス・パロウ(Alex Palou)は、2月11日(火)、12日(水)の2日間、25台27名を擁してサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(Circuit of the Americas)、通称COTAで開催されたNTT INDYCAR SERIES(エヌ・ティー・ティー・インディ・カー・シリーズ)今期初の公式テストにのぞみました。

 

Team Goh's

初日は悪天候でテストが中止になるなど、ほとんどトラックに出られませんでしたが、2日目水曜日、雲が消え始め、気温も上がってきた午後になってようやく、ピンクとグレイをあしらったレーシングスーツに身を包んだパロウは55号車に乗り込み、フルスピードでの周回を重ねていきました。

 

テスト2日目、パロウは合計60周回をドライブし、1分47秒707の、27名中9番手となるベストラップタイムを記録。ホンダエンジンを搭載した55号車でのドライビングに自信を深める中で、COTAで4月に開催される3.4マイルのロードコース20周回となる第4戦と、シーズンを通してのセッティングに関する重要なインフォメーションを集めることに集中しました。

 

「今日のCOTAでのテストはとても有意義だったよ。初日と今日の午前中は天候のせいでほとんど走れなかったから、午後はとてもやることが多かったんだ。でも楽しめた。多くのことを試し、多くの収穫があった。それに、マシンとチームに対して、僕自身、自信を深めることもできた。とても実りの多いテストだったね。今期初めて導入されるエアロスクリーンも、当初は視認性が悪くなるんじゃないかと心配だったけど、全くの杞憂だったよ。すごく良かった。」とアレックス・パロウ。

 

デイル・コイン・レーシング・ウィズ・チームゴウは今週金曜日、テキサス・モーター・スピードウェイ(Texas Motor Speedway)にて、スペイン人のルーキードライバー、パロウにとってインディカーで初めてのオーバル走行となるテストを実施します。

2019.12.19

チームゴウモータースポーツ、2020年はインディカー・シリーズに参戦

~デイル・コイン・レーシングとの共同プロジェクトでドライバーにはアレックス・パロウを起用~

 

株式会社チームゴウモータースポーツは、2020年シーズンに、デイル・コイン・レーシング(Dale Coyne Racing)との共同プロジェクトとして、世界三大レースの一角を占めるインディアナポリス500(通称インディ500)を擁するNTT INDYCAR SERIES(インディカー・シリーズ)に参戦することを決定しました。

 

エントラント名は「Dale Coyne Racing with Team Goh」(デイル・コイン・レーシング・ウィズ・チームゴウ)、ドライバーには2019年シーズンにスーパーフォーミュラおよびスーパー GTで活躍し、スーパーフォーミュラでは2019 年ルーキー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたスペイン人ドライバー、アレックス・パロウ(Alex Palou)を起用します。

 

2004年にル・マン24時間レースで総合優勝するなどGTカーレースを主戦場としてグローバルにレース活動を展開してきた実績を誇るチームゴウモータースポーツは、2019年に長い休息を破りスーパーGTでレースに復帰を果たしましたが、2020年は、よりレースの本質を追及し、更なるチャレンジを果たすために、旧知の関係であるデイル・コイン・レーシングとパートナーシップを結び、北米最高峰のインディカー・シリーズに挑戦することとなりました。